会長・幹事からのご挨拶

https://4c8e164d-a-62cb3a1a-s-sites.googlegroups.com/site/asrotary1/MasaoNakagawa.JPG?attachauth=ANoY7cqFvvm7aA-ME4Kx279S5CtgyJ58VhiIciy1UNj3QdwiRcGXcq4cyceFei3LoNNyJwApWyTKC_YcMs3h7G4BjqmU0nsyRZHk78E40JvE28EVUexmu6lJbpDNZW6n5RiLHx6P1nt_SA4BGvfB7n3-9hoxScOYih-b0Agg9y8LQxbapi6M0v2kFoC98veNahrv6yrBSTOzo9o1NEPzA5W63cg1y-9Tvw%3D%3D&attredirects=0






















第56代会長 中川 雅雄


 東京浅草ロータリークラブ第56代会長としてクラブ運営を担当することになりました。

 我がクラブの特色は浅草地区の代表する企業がコアとなり、大手企業の支店代表者がその他を構成するロータリーの教科書的、模範的なクラブです。とくに地域社会との密着度は広域型クラブにはない独特の雰囲気を醸し出しています。このことが我がクラブが国際ロータリー第2580地区における有力クラブのひとつに数えられる理由のひとつだと思います。

 自クラブの現状分析をしてみると歴史があるクラブが同じように抱えている問題、組織の硬直化や奉仕活動のマンネリ化、世代交代の停滞など、転換期を迎えつつあると思います。会員、ひとりひとりがチャーターメンバーのロータリーに対する熱き想いを振りかえり、新たなる想いを考えるきっかけを得るため本年度のテーマを『浅草ロータリークラブの良さを再認識しよう』としました。今、一度、地域奉仕団体としての意義を考え、ロータリー活動を理解し、より力強いクラブにしようではありせんか。

 会員皆様のご協力をお願いいたします。


https://sites.google.com/site/asrotary1/IzumiOhta.jpg?attredirects=0

第56代幹事 太田 泉



 この度2019-20年度のクラブ幹事を仰せつかりました。

 私は2003年8月に入会させていただき、色々な委員会にお世話になりました。当時は会員100人オーバーの時代でしたが、一見厳し雰囲気の先輩会員が多い中皆さんに気安くお相手をしていただき、今まで16年間会員を続けることができました。今年も新入会員が入ってくると思いますが、例会や家庭集会等で会った時、街で会った時に一言でもいいので声を掛け、会員の皆さんに暖かく迎える雰囲気を作っていただけたらと思います。それが広い意味で会員増強に繋がる事だと思います。何かあれば、会長幹事も積極的にご相談に乗りますのでご連絡ください。

 また、一度RCに入会した後会員でいる意味がなければ、魅力が無ければ続かないかもしれません。毎週の例会が魅力的であることも必要でしょう。また、各委員会の委員長さんを中心に『地域のため・クラブのため・会員のため』に企画・実行される事が重要となります。各委員会の重要性を委員長はもちろん委員ひとりひとりに今一度確認いただき、より良い活動とその活動の発信をお願いします。

 正式に先方からの申し入れもあり、同じ2580地区の仲間・四谷RCとの合同ハロウィン例会を今年初めて開催します。浅草RCの会員全員の協力を頂き親睦をはかり、楽しい会となって大成功することを期待します。

 微力ながら今年一年、幹事として会長を盛り立てながら尽力していく所存です。一年間よろしくお願い申し上げます。