会長・幹事からのご挨拶


第54代会長 原田 喜弥

 東京浅草ロータリークラブ第54代会長としてクラブの運営を担当することとなりました。
 私たちのクラブは台東区の東側、旧浅草区を地盤としています。この地域は、観音様(浅草寺)一帯の観光関連産業を中心とし、北部は靴・履物、江戸歌舞伎や吉原につながる興行、技芸、飲食。南部は人形、玩具、鞄、アクセサリー、運動具、雑貨と狭いながらも、東京の中でも個性に富んだ事業所の多い土地柄です。クラブのメンバーにも創業100年を超えるしにせが何社もあります。
 我がクラブの特色は、浅草地区の各種産業を代表するような事業所をメンバーの中核とし、全国展開する企業の浅草支店・営業所の代表者や、各種専門家によって構成され、地域密着性が非常に濃厚であることです。
 私は東京浅草ロータリークラブの特色である「個性」「伝統」「地域密着」につながるクラブ活動が出来ないものかと考えております。手始めにメンバーの善意の資金であるニコニコ寄付金の一部を地域貢献活動資金として予算化しました。具体的な活動は未定ですが、地域の人達に浅草ロータリークラブを知ってもらう良いきっかけになることを期待しています。
 1年間、大野佐吉幹事と共に頑張って、無事に次年度会長の白倉会員に引き継ぎたいと思っています。会員各位のご協力を切におねがいいたします。


第54代幹事 大野 佐吉

 原田会長よりご指名をいただき幹事を拝命する事になりました。副幹事の1年間はロータリークラブについて自分なりに見直し勉強する良い時間となりました。
 そして今出航の銅鑼の音が鳴り響いています。原田会長の掲げるテーマ『友を作ろう 業に励もう ロータリー』のもと、ロータリーの原点を見つめなおし、これらを実現し社会に貢献出来ますよう、皆様のご指導・ご協力をいただき活気のある楽しいクラブ運営に努めてまいりたいと思います。どうぞ無事に航海を終えて帰港出来ますよう1年間皆様の温かい友情とご協力を宜しくお願いいたします。